made in KAIKA

KAIKAでは、「箱貸し」と呼ばれる貸館業務は原則として行わず、
自劇場による主催・共催企画のみを行います。
KAIKAの製作作品シリーズを「made in KAIKA」と呼びます。
フランチャイズカンパニー・アソシエイトカンパニーによる作品の他、KAIKAで創られた作品です。

これからの made in KAIKA

『既成戯曲の演出シリーズ』

gate特別版・大石Dの『既成戯曲の演出シリーズ』を、2021年8月、いよいよ始動します。第一弾は、IN SITUによる上演を行います。

アルカディア
既成戯曲の演出シリーズ『アルカディア』
原作:"Arcadia" by Tom Stoppard

演出:大石達起
日程:2021年8月13日(金)~15日(日)
会場:THEATRE E9 KYOTO
主催:一般社団法人フリンジシアターアソシエーション IN SITU
made in KAIKA

公演に先立って、出演者のオーディションを兼ねた読み合わせ会を実施しました。参加いただいたみなさま、ありがとうございました。出演者情報などの詳細情報は、後日お知らせいたします。お楽しみに!

2018年から、「既成戯曲の演出」をテーマに掲げ、いくつかのgateを行ってきました。そこで行われた公演は、まさに想像を遥かに超えた化学反応が起こり、参加していただいたアーティストの方々にとっても、観客のみなさんにとっても、そして僕にとっても大きな出会いになったと思います。
一方で、参加アーティストにはこれまで取り組んで来なかった全く新しいことに向き合っていただくことになり、それは想像以上の大変さを孕んでいました。この企画を100%の形で実現するには、これまでのような"試演会"というスタイルではできないと思いました。
そこで、この度、これまでの取り組みを「既成戯曲の演出シリーズ」として生まれ変わらせる事としました。
その第一弾として、IN SITUによる上演を行います。

今回の公演では、いわゆるストレートプレイの上演を行います。骨太の物語を行うつもりですので、演出も、俳優も高い技量が求められるお芝居になると思います。そこで、既に海外戯曲やストレートプレイの経験を積んでいる方や、これから挑戦したいという気概のある方々と出会える事を楽しみにしています。

『既成戯曲の演出シリーズ』ディレクター/IN SITU代表 大石達起

これまでの made in KAIKA