made in KAIKA

KAIKAでは、「箱貸し」と呼ばれる貸館業務は原則として行わず、
自劇場による主催・共催企画のみを行います。
KAIKAの製作作品シリーズを「made in KAIKA」と呼びます。
フランチャイズカンパニー・アソシエイトカンパニーによる作品の他、KAIKAで創られた作品です。

これからの made in KAIKA

ユニット美人
『ゴドーを待ちたかった』

不条理劇の代表作サミュエル・ベケット『ゴドーを待ちながら』。
いつだったかの未来。高度な人工知能が搭載された2体のアンドロイドたちは、なんやかんやと仕事をしているうちに、「これってめっちゃおもろいやん!」とこの戯曲の面白さに気付いた。上演の意志を獲得し、バーチャルで演劇ができるスペースも押さえ、自分達以外の登場人物のプログラムも組んで、いざ上演しようとしたけれど・・・?
2020年3月初演・アンドロイドたちの待ちぼうけを描いた作品、待望の再演!
それらが並べるコードたちは、はたして未来まで生き続けることができるのか?

■来場される皆様へ
劇場は一面緑色。初演から2年と6ヶ月の間にすっかりお馴染みになったグリーンバックだ。
そして、劇の舞台となるのは「バーチャルシアターサービス」という演劇ができる架空スペース。
・・・賢明なるユーザーの皆様にはおわかりだろう。
そう!この演目は、劇中の2体のアンドロイドたちが配信しようとした企みと、現実のわれわれの企みを重ね合わせたものになっているのだ!
劇場に来た方が目にしたものをどうにかして記録媒体に保存して、後日何かしらの配信システムで、どこかしらのタイミングで、誰ならぬ皆様にお届けしようという取り組みなのだ!ちなみに映像配信のみの販売はないぞ!(なぜかはこっそり聞いていただけましたらお伝えします)
ぜひ、劇場と配信での実装具合を確認して欲しいのだ!

 『ゴドーを待ちたかった』
日時:
2022年
11月4日(金)19:00
11月5日(土)13:00・18:00
11月6日(日)13:00 ※受付開始・開場は開演の20分前
会場:KAIKA
料金:
一般 2,500円 (当日 3000円 )
学生 1,500円 (当日 2000円 )
ギフトチケット:2,000円
ギフトチケットとは・・(参考:舞台芸術ギフト化計画 http://fringe.jp/gift/
必要な枚数だけ購入して、あとから日時指定できるチケットです。家族や友人に舞台芸術をプレゼントしてください。新しい観客に劇場へ足を運んでもらうキッカケになれば…と願っています。
※枚数限定/発売期間:10月25日まで
※10月末までに日時指定をしてください。
チケット取扱:
eisei's STORE https://eiseistores.stores.jp
出演:
紙本明子
福田恵(劇団レトルト内閣)
田川徳子
日詰千栄(はひふのか)
夏目れみ
作・演出: 黒木陽子
舞台監督:脇田友(スピカ)
音響:三橋琢
照明プラン:渡川知彦
映像:濱田俊輔(Kyoto DU)
演出助手:夏目れみ
宣伝写真:田中沙穂
制作: 吉岡ちひろ(劇団なかゆび)、彩椿
制作協力:植村純子

主催・企画・製作:ユニット美人/有限会社如意プロデュース
共催:劇団衛星、一般社団法人フリンジシアターアソシエーション
助成:文化庁「ARTS for the future!2」補助事業
made in KAIKA

お問い合わせ:ユニット美人
電話:075-353-1660(劇団衛星内)
メール:unitbijin@eisei.info
サイト:http://www.eisei.info/unitB/
山口浩章×KAIKA 既成戯曲の演出シリーズVOL.2
『特急寝台列車ハヤワサ号』

「既成戯曲の演出シリーズ」は、古典戯曲、特に海外の戯曲のなかで、これまであまり日本での上演機会がなかった作品を取り上げ、上演していくシリーズ。戯曲が書かれた当時の文化・価値観などに触れて、現代の自分たちの生活や時代を考察することにつなげたいと考えています。
vol.1は、大石D自身が演出を担当して、『アルカディア』(原作:トム・ストッパード)を上演しました。今回はその第二弾、山口浩章さんを演出に迎え、ソーントン・ワイルダー『特急寝台列車ハヤワサ号』に取り組みます。

『特急寝台列車ハヤワサ号』
日時:
2022年
12月2日(金)19:30
12月3日(土)14:00/19:00
12月4日(日)14:00
会場:THETRE E9 KYOTO
https://askyoto.or.jp/e9#access
チケット:
前売券 3,000円
ギフトチケット:3,500円
U25サポートギフトチケット:2,000円 <枚数限定>
当日券 3,800円
ギフトチケットとは・・
必要な枚数だけ購入して、あとから日時指定できるチケットです。見やすい座席を確保してお待ちしています。家族や友人に舞台芸術をプレゼントしてください。新しい観客に劇場へ足を運んでもらうキッカケになれば…と願っています。このチケットは、「舞台芸術ギフト化計画」を参考に、導入しています。 <枚数限定/KAIKA’s storeでのみ取り扱い>
※U25サポートチケットは、先行販売期間に売れた「サポートギフトチケット」の販売枚数分、販売いたします。先行価格との差額を25歳以下の若い世代へ贈る間接ギフトチケットです。
※ギフトチケットの販売は、来場3日前まで。ご購入後、来場予約フォームで日時を指定していただきます。(特定の回で、受付枚数に達した場合、他の回へのご来場をお願いすることがあります。ご了承ください。)
※ギフトチケットご購入の方には、見やすい座席を確保してお待ちしています。ご本人と並びのお席のお申し込みも承ります。
チケット取り扱い:
・THEATER E9 KYOTO https://askyoto.or.jp/e9/ticket/20221202
・KAIKA’s store https://kaikastores.stores.jp
原作:ソーントン・ワイルダー
演出:山口浩章(このしたやみ / 劇団飛び道具)
出演:
浅田誠
大田陽彦(劇団ケッペキ/劇団ゲスワーク)
岡田眞太郎(劇団トム論)
岡田ヒビキ(ウィンターパーク)
奥村海斗
鎌田奨一(ウィンターパーク)
河田全休(オフィスKAJA)
くぬぎ森子(劇団虹色どんぐり)
合田団地(努力クラブ)
齋藤薫
佐藤真/ゆめみがち
サンタナカ(忍者ショー企画事務所team児雷也/MIYABEKIKAKU Action Team)
鈴木美由紀
多田祥太朗
橘(ヨアガキ)
辻智之
友井田亮
中村こず恵(劇団飛び道具)
西村花織(劇団しようよ/劇団飛び道具)
西山あずさ
野村明里(ブルーエゴナク)
深草友紀子
藤村弘二
由良真介(笑の内閣)
吉岡沙月
乱痴パック(演劇集団Q)
渡邊志織
渡邊容(劇団ケッペキ)
台監督:脇田友(スピカ)
照明:川島玲子
音響:道野友希菜
舞台美術:松本謙一郎
衣装:久保李緒
衣装小道具管理:石原友恵(第三劇場/演劇集団ペトリの聲)
宣伝美術:大原渉平(劇団しようよ)
制作:河合厚志 かおりるら(劇団三毛猫座)
プロデューサー:植村純子(劇団衛星)
「既成戯曲の演出シリーズ」ディレクター:大石達起(IN SITU)
主催:一般社団法人フリンジシアターアソシエーション
提携:THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)
文化庁「ARTS for the future!2」補助事業
made in KAIKA
■最新&関連情報は公式noteをご覧ください。
https://note.com/acs_kaika/m/m7429c32e717e

これまでの made in KAIKA