演劇を人・地域・社会に活かす
KAIKAからのお知らせ 2021年7月

KAIKAからのお知らせ 2021年7月

つくる場・KAIKAをご利用ください

KAIKAでは、現在、イベントや公演の会場としての利用は受け付けておりません。「つくる場」としてのみご利用いただいています。利用の際は、感染症予防の対策にご協力お願いします。


稽古場やたたき場としての利用のほか、映像や写真の撮影スタジオとしてのご利用の受付を始めました。さまざまな形で、豊かな創作活動に取り組んでいただけるようにできれば・・と考えています。

http://www.ftas.info/kaika/sb_tsukuruba.html

made in KAIKA公演

夏〜秋にかけて、KAIKAでは多くの創作を行います。現在鋭意創作中。

http://www.ftas.info/kaika/mi.html

IN SITU × KAIKA 既成戯曲の演出シリーズ Vol.1

『アルカディア』

[日程]2021年8月13日(金) 〜15日(日)
[会場]THEATRE E9 KYOTO
[原作]トム・ストッパード
[演出]大石達起(IN SITU)

[チケット]
料金
・前売3,000円/当日3,800円
・ギフトチケット3,500円(KAIKAstoresでのみ取り扱い)

[主催]一般社団法人フリンジシアターアソシエーション IN SITU
[提携]THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)

公演詳細・最新情報は
https://note.com/acs_kaika/m/m46a03a3a9193

●アマノウズメ企画『Our Land』

ご存知の通り、KAIKAは、祇園祭・岩戸山の鉾町に在ります。岩戸山は、古事記の「国生み」「天岩戸」2つの神話をモチーフにした山鉾です。それにちなんで、昨年は「天岩戸」を題材にしたパフォーマンスを行いました。そして今年は、「国生み」を題材にした作品の上演を行います。

[日程]2021年9月10日(金)〜12日(日)
[会場]KAIKA
[作]大原渉平(劇団しようよ)
[演出]西井桃子(ツクネル tsukuneru )
[出演]北川啓太 藤原美保(ソノノチ) 河合厚志
※チケット発売は、7月中旬を予定しています。

salon de KAIKA

●「戯曲を味わう〜大石Dの勉強会〜」

戯曲に書かれている歴史や、文化、作者の背景などについて知る事で、戯曲をもっと楽しく読む(味わう)ことを目指して行っている勉強会。今年度はテーマを絞り、『アルカディア』公演の関連企画として、この作品を様々な角度から掘り下げていきます。

次回開催

vol.24 第三講「総論!『アルカディア』」

日程:7月9日(金)18:30~20:00
会場:zoomミーティングルーム(お申し込みいただいた方に詳細をおしらせします)
金額:500円
定員:20名 詳細・お申し込みは、こちらから。
https://note.com/notes/nb6da1f850

●「ソノノキン」

ソノノチが主宰するワークショップ。月1回程度 開催しています。毎回テーマに沿って持ち寄った知識や技術をみんなで共有し、能力の向上につなげます。経験や年齢を問わずどなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお越しください。

次回開催

テーマ「戯曲の風景」

日程:7月16日(金)19:00~20:30
会場:zoomミーティングルーム(お申し込みいただいた方に詳細をおしらせします)
参加費:1000円

詳細・お申し込み:http://sononochi.com/category/sononokin/

全ての詳細は、KAIKAウェブサイトをご覧ください。

http://www.ftas.info/kaika/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です