演劇を人・地域・社会に活かす
KAIKAからのお知らせ 2021年5月

KAIKAからのお知らせ 2021年5月

再び、コロナ感染状況が厳しくなってきていますが、皆さまが少しでも心穏やかに過ごしていらっしゃることを念じています。
夏には緩和することを信じて、気をつけながら、公演準備を進めています。皆さまもどうぞお元気で、また劇場でお会いできるのを楽しみにしています。

made in KAIKA公演/既成戯曲の演出シリーズ

夏の公演の情報が発表になりました。
KAIKA開館以降、新しい創作の機会として、本気の試演会「gate」を開催してきました。2018〜2019年度にgateディレクターを担当した大石達起が、その発展版として、2021年度から、「既成戯曲の演出シリーズ」の上演を開始。Vol.1は、大石D自身が演出を担当します。

IN SITU × KAIKA
既成戯曲の演出シリーズ Vol.1
『アルカディア』

原作:”ARCADIA” by Tom Stoppard

[日程]2021年 8月13日(金)〜15日(日)
[会場]THEATRE E9 KYOTO
[原作]トム・ストッパード
[演出]大石達起(IN SITU)

[主催]一般社団法人フリンジシアターアソシエーション IN SITU
[提携]THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)
made in KAIKA

詳細・最新情報は、
https://note.com/acs_kaika/m/m46a03a3a9193

※本公演は、新型コロナウイルス感染症への対策を講じた上で実施いたします。
※情勢により、公演情報に変更が生じる場合がございます。その際は随時お知らせいたします。

salon de KAIKA

引き続き、オンラインでも開催しています。

戯曲を味わう〜大石Dの勉強会〜

戯曲に書かれている歴史や、文化、作者の背景などについて知る事で、戯曲をもっと楽しく読む(味わう)ことを目指して行っている勉強会です。
これまでは、毎回テーマを変更しつつ、古今東西の作家について、作家の人生や時代背景などについて味わってきました。
今年度はテーマを絞り、2021年8月13日〜15日に大石の演出で上演しますIN SITU × KAIKA『アルカディア』の関連企画として、この作品を様々な角度から掘り下げていきます。

第1回 トム・ストッパードについて
劇作家トム・ストッパードの、その経歴や作風について味わいます。

日程:5月21日(金)18:30~20:00
会場:zoomミーティングルーム(お申し込みいただいた方に詳細をおしらせします)
金額:500円
定員:20名

詳細・お申し込みは、こちらから。
https://note.com/acs_kaika/n/n5785297e65e5

ソノノキン

今回のテーマは、「対話型鑑賞を体験してみよう」
舞台作品の創作において、目の前に起きていることをクリエイティブかつ客観的に見つめ共有することは大切な姿勢のひとつではないでしょうか。今回は、アート作品を観て感じたことや考えたことを言葉にしあい一緒に鑑賞する「対話型鑑賞」という手法を、参加者の皆さんと体験してみます。※作品に関する知識は必要ありません。

日程:4月30日(金)19:00~21:00
会場:ZOOMミーティングルーム(お申込みいただいた方に参加URLをお送りします)
参加費:1回1000円

詳細・お申し込み:http://sononochi.com/sononokin210430/

全ての詳細は、KAIKAウェブサイトをご覧ください。

http://www.ftas.info/kaika/